倍増する平屋ニーズに対応する方法とは。

平屋需要への対策と手段とは

なぜ今、平屋なのか?

着工数が減少している中で、平屋のシェアが上がっています。平屋に求められるニーズも従来の2階建てに対する不満「階段が面倒、広い間取りはいらない、掃除が大変」などから多種多様のニーズへと変化しています。ニーズに敏感な大手ハウスメーカーではすでに平屋商品の投入、販売に力をいれ年々受注棟数を確実に増やしていますが、地場工務店では積極的な平屋商品の販売には至ってはいないのが現状です。

今回、業界で革新的な商品casa cubeなどcasaシリーズを開発してきたMAKIHAUSが新しいニーズに答える平屋商品を開発しました。

平屋のニーズとメインターゲット層

平屋住宅は団塊世代が主体として需要があるといわれていましたが、子育て世代からの平屋需要も高まってきています。開発元である福岡のMAKIHAUSでも昨年末の商品発表から反響、申込のあったお客様の多くは子育て世代のお客様になっています。子育て世代のお客様は、従来の平屋に求めるニーズに更に価格・機能・快適・デザインを求めます。
今だけでなく将来の暮らし方、ワンフロアで家族とのコミュニケーションを楽しむ、郊外で自然や趣味を楽しむ、こんなお客様が平屋住宅を求めています。

詳細を公開します。

今回、このcasa piattoの詳細をご確認いただける機会をご用意しました。今後の平屋市場を見据えた戦略を知りたい方、平屋の受注を新たに取っていきたい、伸ばしていきたいとお思いの方は是非ご参加いただき、casa piattoの詳細をご確認ください。

3方向からの採光がはいる正方形プラン
庭や景色とつながるリビング窓の大きい長方形プラン
【1.1】パッシブデザインを取り入れた軒の出
【15%】収納スペース
【+30】表情をつける彫り込み天井

この他にも様々な設計コンセプトがcasa piattoにはつまっています。ひとつひとつ工夫が、お客さまが快適に楽しく暮らせるためのアイデアです。

 

本体価格:1,490万円(税別)
延床面積:26.30坪(86.95㎡)

開催概要
開催日 2017年11月22日(水)
開催時間 13:30~16:30
※会場受付開始 13:15~
開催場所 高崎駅前会場
※お申込み確認後、会場の詳細な案内図をお送りします。
会費 無料
定員 20名まで

※イベントに該当する商品をすでにお取り扱いいただいているエリアの企業様からのお申込み、弊社と競合するビジネスの運営に携わっている会社様からのご参加はお断りさせて頂く場合がございます。予めご了承ください。