PICKUP第15 回 casita meeting

9月20日浜松で戸建賃貸住宅casita の加盟店様の情報交換の集まりcasitaミーティングが開催されました。
当日は23社40名のcasita 加盟店様が集まり、各社が運営するcasita 事業の実践報告、そしてcasita の新たな提案、casita+S(屋上テラスを搭載したタイプ)の現場を視察しました。
casita 現場視察

賃貸物件だとは思えない室内空間に対する質問も多くでましたが、やはり加盟店様の今回の注目は屋上テラス。

屋上防水の保証はどうなっているのか?実行予算でどれくらいかかるのか?工事費の上昇分、家賃をどれくらいに設定すれば、オーナー、入居者にとって魅力的な物件となるのか?

casita のプランに新たに加わった屋上テラスを搭載したcasita+S。casita の情報交換だけにはとどまらない情報の共有が現場でなされました。

戸建賃貸住宅と屋上テラス開発元

現場視察後は、戸建賃貸住宅casita の開発元、theHOUSE の梅村社長が現状のcasita からどれくらいの予算アップで現場を視察した屋上テラス付きcasita に変更できるのか?その為にどのような会社とパートナーを組んでいるのか?

戸建賃貸住宅casita に屋上テラスを提案することが、市場にとってどれだけの優位性がたもたれるのかを伝えていただきました。

その後、屋上テラスCOLORS の開発元、PASIO の岡崎代表から、屋上テラスの市場規模、COLORS で提案する屋上テラスの3つの定義。非日常を日常にしたいという想いと共にお伝えいただきました。

casita 加盟店実践例

【静岡県浜松市】

今回の視察現場は8月の盆明けに不動産オーナー向けに見学会を実施。2日間で20組数組の投資経験のある方が来場し、現在3案件、6棟・4棟・2棟の合計12棟が商談中。

この会社様では、オーナー付けから営業までは、知り合いの不動産会社様がパートナーとしてcasita を実践されているため、その不動産会社の社長様が、不動産業者としての業者の立場からのcasita の強み、業者としてのcasita の扱い易さをお伝えいただきました。

【愛知県半田市】

会社本体が大きく様々な事業を手がける会社様ですがcasita 事業は、現在37歳の営業マン1人が、年間30棟を目標設定として動いている会社様になります。

今回は取締役に発表いただき、どのように営業数字を管理しているのか自社の取り組みについてお伝えいただきました。

不動産会社、税理士事務所の紹介ルートからの顧客発掘や、営業マンの週単位での目標設定、月に25~300件の紹介ルート開拓など、数字に基づいた確率論からの発表となりました。

【愛知県高浜市】

この会社様はcasita を立ち上げた際の実践報告と現在ブランド化を構築する為に取り組んでいる内容について報告いただきました。

どのように地域の不動産業者様にcasita の認知を広めていったのか?いい管理業者を選定する際の方法。土地の専任担当がいない会社の場合、どのような基準でパートナーとなる不動産業者を見つけていくのかなど、自社だけで全てをまかなうのでなく,上手く外部も巻き込みながらの提案についてお話いただきました。

開発元よりインカム住宅例

自社が注文住宅用に、地域相場からみても格安で仕入れた変形地。注文住宅の案件が頓挫した際、その変形地を生かしたcasita のプラン、融資実行方についてお伝えいただきました。

*開発元梅村社長からは、まだまだ加盟店さんのインカム住宅の受注率が低いとの指摘。インカム住宅の提案をしっかりすれば、高確率で受注できる。インカム住宅の提案方法を共有したいとの話もありました。

カーサプロジェクトより
casita の更なる認知度向上とブランデングの為、CM の制作中。今後の加盟店様の活用の方法も含め伝えさせていただきました。
懇親会
情報量が多くなった今回のミーティング。予定時間も少しオーバーする内容でしたが、そのまま懇親会へ。ミーティングの場では、聞けなかった情報を自社に取り込もうという会社様同士のホンネ話が続きました。