「bud brand(バッドブランド)」Milano Design Week 2019 出展報告会

毎年4月、イタリアミラノで行われる世界最大規模のインテリアデザインの見本市「ミラノデザインウィーク2019」にて、日本人クリエイター支援プロジェクト「bud brand(バッドブランド)」の作品出展が無事終了しました。
そこで、「ミラノデザインウィーク2019」出展報告会を、昨年と同じく「タイニーズ 横浜日ノ出町(=YADOKARIプロデュース)」にて開催します。ご興味のある方はぜひご参加ください。
bud brand(バッドブランド)
つぼみ(bud)+綺麗に咲かせる(brand)
「bud brand」とは、才能あふれる次世代の日本人クリエイターが世界でひと花咲かせるためのプロジェクト。
主宰しているのは、住宅からプロダクト、グラフィック、システムまで豊かなモノコトをデザインするクリエイティブカンパニー「FANFARE」と、日本の住宅の価値・寿命・性能を世界レベルにすべくビルダーや建材メーカーをつないでリソースを共有する会社「casa project」を中心とする「一般社団法人 日本 DESIGN BANK」です。
bud brand 2019 オブジェクト(出展)テーマ
※その他の出展作品は「bud brand」公式WEBサイトでご確認ください。
Milano Design Week(ミラノサローネ)とは?
毎年4月に行われる世界最大規模のインテリアデザインの見本市。出店企業は約200社、期間来場者数は約30万人を超え、メイン会場では世界のトップクリエイター達が最新のデザインを発信する期間中は、ミラノの街全体が会場と化し、デザイン一色で溢れかえります。

メイン会場の周辺は、Out of SALONE(アウトオブサローネ)と呼ばれ、インテリアに関わらず、ジャンルもコンセプトも制限がなく発想発信自由です。
サムネイル
サムネイル

イベント概要

開催日 2019年6月19日(水)
開催時間 15:15〜会場受付開始

1部(報告会):15:30〜17:30
2部(交流会):17:30〜18:30
会場 Tinys Yokohama Hinodecho(タイニーズ 横浜日ノ出町)
住所 〒231-0066
神奈川県横浜市中区日ノ出町2-166

※詳しくは下記アクセスマップをご確認ください。
会費 4,000円(1名)
・フリードリンク制
・フィンガーフード費込み
定員 30名
主宰 一般社団法人 日本 DESIGN BANK
※当日はお酒やドリンクを飲みながら気軽に聞いていただく会となります。ぜひお気軽にご参加ください。 
※ご参加のお申し込みは「参加お申し込みフォーム」よりお願いいたします。

イベント会場

Tinys Yokohama Hinodecho(タイニーズ 横浜日ノ出町)
「Tinys Yokohama Hinodecho」は、世界中の動産・タイニーハウスのメディア運営や企画・開発を手がけるYADOKARIが、日ノ出町エリアの魅力向上・活性化のため京急電鉄と連携をし、高架下でタイニーハウス(ちいさな家)を活用し展開する複合施設です。

〒231-0066 神奈川県横浜市中区日ノ出町2-166先
◆ 京急線「日ノ出町」駅徒歩4分
◆ JR線「桜木町」駅徒歩12分

ACCESS