住宅会社が積極的に建築家コラボに取り組むことで得られるメリットとは?

ここ数年で、住宅会社が「建築家」とコラボする家づくりが、家づくりのひとつのトレンドとなっています。
(※注:建築家コラボとは、建築家から施工の依頼を受けるということではありません。)

ご存知の方もいらっしゃると思いますが、弊社でも約2年前に「design casa(旧いえプロ)」という「建築家と建てる家づくり」のサービスを展開しました。

当初は建売やモデルハウスを目的として、「戸建賃貸住宅casita」と「個別コンサルサービス:レガシィ」の加盟店様にご利用いただいていたのですが、2018年度は注文住宅としての利用が飛躍しました。

その上で何より大きかったのが、建築家とコラボした際の契約率の高さです。

その実なんと97.1%。

もちろん建築家をティーアップしてユーザーにご紹介いただいた加盟店様の力あってのことですが、それでも高い数字です。

この契約率の高さは、お客様の要望に対して、それだけベストな提案ができているということです。

では、design casa の建築家の提案だとなぜそんなにも決定力が高いのでしょうか?

 

ポイントは2つあります。

ひとつは設計スキルに加えて「提案力」が圧倒的に高いからです。

基本的にdesign casaの建築家は、設計スキルは当然のこととして、高いレベルでのコミュニケーション能力、ヒアリング能力、プレゼンテーション能力

を身に着けられています。

それらの能力は、トップセールスマンに必須のスキルです。


そしてもうひとつのポイントはコストです。

ここでいうコストとは、コスト意識とコストパフォーマンスのことになります。

通常、建築家主導で進めるとコストが合わないケースが多くなってしまいます。

しかし、あくまで加盟店様主導で家づくりのフォローをしてるので、コスト意識を持って進めることができます。

かつdesign casaの建築家は、コストバランス(コスト意識)にもたけている方々です。

単に設計力が高い建築家ではなく、コストを含め総合的な提案力の高い建築家の方々だからこそ、お客様が望む提案ができ、高い成約率となっているのです。

 

とはいえ、住宅会社様が建築家にお客様を丸投げしてできるものではありません。

design casa をそして建築家とのコラボをうまく活用するためには、お互いのやりとりにも重要で、やり方や進め方もあります。

そして、それらがうまく活用できたときには、お客様に最適な提案ができるのです。

 

現在カーサプロジェクトでは、日本の住宅のデザインを向上させることをミッションに考え、このお客様と住宅会社がwinwinになる「design casa」を全加盟店様にご利用いただきたいとおもっています。

しかし、何の判断基準もなくご導入いただくことが難しいのも事実です。

そこで、ひとつご提案があります。

 

design casa の導入後には、考え方や取り組み方をお伝えする1泊2日の研修を開催しています。

ここでは、建築家にどのような引継ぎをすればいいかという営業のスキームや、建築家がどのようなヒアリングをしてどのような答えを導きだしているのかなどをお伝えし、design casa の仕組みマスターしていただいております。

今回イレギュラーな対応ではありますが、この研修に導入せずとも参加いただける機会をご用意しました。

この研修にご参加いただければ、design casaがどのような取り組みをしているかがわかりなおかつ、導入した場合どのように利用していけばいいのかもわかります。

 

1泊2日有料の会となりますが、是非design casa の魅力をご体感ください。

開催概要
開催日時 7月16日(火)1日目 13:00-18:00(12:45~会場受付開始)
7月17日(水)2日目 10:00-16:00 
開催場所 青山学院アスタジオ(東京都渋谷区神宮前5丁目47−11)
※お申込み確認後、参加費用についてのご請求書および詳細の会場案内図をお送りいたします。
参加費 参加費:
21,600円税込(お一人様) 懇親会あり(参加任意別途費用5千円程度)
参加条件 ※経営責任者様の参加が必須となります。設計担当者のみでのご参加はお断りする場合がございます。
※研修時にお配りする資料は「design casa」の加盟店様以外はお持ち帰りいただけません。
※撮影・録音は一切禁止となります。
■開催会場